2013年4月16日

ファイブスターの連載再開


ニュータイプでのファイブスターの連載再開について。
各所で話題になっていますが、流し読みしたので連載初期からのファンとして書いておこうかなと思った。
約7年ぶりの連載再開ですが、擬音やコマ割りなどのマンガ表現は昔のまま。しかし、黒騎士がゴティックスタイルという火焔土器のようなスタイルに変更され、騎士やファティマのデザイン及び設定が大幅変更。

 
比較図。黒騎士は日本武者のイメージ+三つ巴の炎のマーキングだったので火焔土器っぽいデザインになったのかな?

マンガの勢いとしては昔よりもテンポがよくなっていますが、やはりゴティックスタイルへの設定変更が昔からのファンにはきついようです。設定だけ公開された新ミラージュも、なんだかAppleのiMacのデザインに近くて笑えます。

私個人としては、あの「永野だから新スタイルもアリ」だとは思いますが、できることならプラスチックスタイルの導入時のように年代をちょっとずらして欲しかった。
せっかく年表式になっているんだから、100年くらい時間をずらせば誰も文句はいわなかったと思う。というか火焔土器もどきのデザインは、兵器というより魔神的な側面が強く出るから、兵器としてのMHが好きだった人間にはダメージだろうなあ。私のようにMHは兵器でもなく、魔神でもなく、MH=マモル(M)のヘン(H)なロボットという心境になれば許せると思うのですが......無理?